第15回日本免疫毒性学会学術大会トップページへ

トップページ年会長挨拶年会長挨拶プログラム演題募集発表について参加登録会場案内お問い合わせ

 

年会長挨拶

澤田純一 第15回日本免疫毒性学会学術大会を、2008年月9月11日(木)・12日(金)の2日間、タワーホール船堀(東京都江戸川区)にて開催いたします。口演は、小ホールで行われ、例年と同様に、第1日目に、懇親会を予定しております。
 今回は、第52回日本産業衛生学会 アレルギー・免疫毒性研究会の同時開催となっております。

 今回のテーマは、昨今の免疫毒性学領域の進展と今後の本学会の発展を念頭に、つきなみではありますが、「免疫毒性の新展開」とさせて頂きました。内容的には、先ず、これから注目する必要のある自然免疫や粘膜免疫に対する毒性を取り上げました。また、対象物質として、医薬品、食品、環境化学物質を始め、ナノ粒子等、関連分野で注目されているものをカバーしたつもりでおります。さらに、新しい技術としてのイムノトキシコゲノミクス、遺伝子多型などの紹介も含まれております。皆様の積極的なご参加により、より実のある学術大会になるものと考えておりますので、宜しくお願い申しあげます。


第15回日本免疫毒性学会学術大会
年会長 澤田純一

2008年1月

 

Copyright (c) 1994-2008 The Japanese Society of Immunotoxicology, All Rights Reserved.